影響力の武器と社会的証明|ステマとか言っても、口コミを信じるのはなぜ?

ステマとか言っても、口コミを信じるのはなぜ?

あなたは、

 

  • 口コミで高評価だったから化粧品を買ってしまった、
  • 友達のみんなが持っているみたいだから、その化粧品を買ってしまった

 

なんていう経験はありませんか?

 

 

きっと、誰にでもそういう経験はあるはずです。

 

私自身も、アマゾンのレコメンドやレビューに従って、
かなりの数の本を購入しております笑

 

 

これらの出来事は、「他の人が使っている」という事実が、
あなたに「購入」という行動を起こさせた好例だと言えます。

 

 

これが、「社会的証明」です。

 

 

あなたが何かの行動をするに当たって、それをしているのが自分一人だとすると、
心細くなってしまったり、「本当にいいのかな?」なんて思ってしまいますよね。

 

だから、自分の意見に対して、賛成が欲しくなります。

 

 

そんな時に、社会(=その他の人々)でも同じ行動を取っていることが分かり、
あなたの行動が正しいと証明されれば、安心してその行動がとれるようになるのです。

 

 

「赤信号、みんなで渡れば、怖くない」という標語(?)がありますが、
これはまさに社会的証明の例ですよね。

 

一人で悪いことをするのは心細いですが、
他の人も悪いことをしているから安心だ、という気持ちになるのです。

 

 

そして、もう一つ重要なことがあります。

 

 

それは、

 

「賛成が得られるということは、大抵の場合はその選択は正しい」

 

ということです。

 

他のみんなが「YES」と言っていることは、8割くらいの確率で正しいです。

 

もちろん、間違っていることも多々ありますが、
他のみんなに従うことで、うまくいくケースが殆どです。

 

 

 

ですから、「他のみんなの意見に従えば、満足のいく結果が得られやすい」
ということを無意識に感じているので、他人を信用してしまうのです。

 

<スポンサードリンク>


トップページ 必読参考書!! サイト主プロフィール お問い合わせ、ご質問はこちら