コミットメントと一貫性を利用して、成功せざるを得ない状況を作り出す方法

コミットメントと一貫性を利用した、成功法則

コミットメントと一貫性の基本に関してはこちらをご覧いただきたいですが、
「自分で一度コミットしてしまったことに関しては、
仮にそれが誤りだと分かっても、それにコミットし続けようとする」
という性質のことです。

 

それは、自分は一貫性を持った人間に見られたいという願望の現れであり、
すぐに意見を変えるような人間だと思われたくないという、
ある種のプライドの現れです。

 

これらによって、一度コミットしたことに対しては、
固執する傾向が見られるのです。

 

そんなコミットメントと一貫性ですが、この性質を利用することによって、
目標の達成確率を格段に高めることが出来るようになります。

 

では早速、その方法をご紹介していきますね。

 

 

目標に対して、様々な角度からコミットする。

達成したい目標について、様々な角度からコミットしましょう。

 

これによって、コミットメントで雁字搦め(がんじがらめ)となり、
もはや目標を達成する以外にコミットメントと一貫性から逃れることが出来なくなります。

 

逆に言えば、目標を達成しないと、あらゆる点から損失を被るような状態にしておき、
「背水の陣」の状況を自ら作り出すのです。

 

では、具体的にその方法を挙げていきましょう。

 

 

まず第一に、目標について宣言をすることです。

 

他人に対して、「私は、今年中に必ず????します!」という事を断言します。
この時のポイントは期間を決めることですね。
目標から、逃れられないように、自分を追い込むのです。

 

ちなみに、宣言する相手としては、絶対に裏切りたくない相手がいいと思います。
家族、恋人、尊敬する恩師、メンターなどがいいんじゃないかと思います。

 

もちろん、約束を破ることになってしまったら、
ただの嘘つき野郎ですから、
あなたは必死になって目標達成に努めるようになるのです。

 

 

第二に、目標を紙に書き、署名するということです。

 

これはつまり、目標にコミットしたということの証拠を残す訳です。
複数枚作成し、他人にも保管しておいてもらえれば、尚更効果的です。

 

 

第三に、金銭的なコストを払うということです。

 

例えば、資格を取得するという目標を設定したのであれば、
すぐに参考書を一式買い求めるだけでなく、使いやすい電卓を購入したり、
試験料の振込をすぐに行ってしまうのです。

 

スクールに申し込んで、大金を払ってしまうというのも、
非常に効果的なコミットメントだと思いますよ笑。

 

多くの人は、金銭的なコストを払い、
それが損失になってしまうことを極端に嫌がりますので、
第三の方法は極めて有力な手段と言えるでしょう。

 

 

 

・このように・・・

このように、自分自身をコミットメントでガチガチに固めてしまい、
後に引けないような状況を作り出すことができれば、
あなたの目標は半分は達成されたも同然です。

 

あなたは、目標に向けて努力せざるを得ない状況にあるのですから、
絶対に成功できるはずです。

 

 

ちなみに、マーケティングや購買心理学を本気で勉強したいということであれば、
是非お問い合わせ先に対して、その目標を宣言して見てください。

 

このサイトで得た知識をより効率的に吸収し無駄にしない為にも、
是非私にその決意を教えて下さい。

 

そして、参考図書を躊躇いなく全て購入してください。
そうすれば、あなたは間違いなく、3ヶ月以内に、
購買心理学や影響力の武器をマスターできているはずです。

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

お問い合わせ

 

セールスや購買心理学を本気で勉強したい人の為の、お勧め参考書籍

 

 

<スポンサードリンク>


トップページ 必読参考書!! サイト主プロフィール お問い合わせ、ご質問はこちら