相手に欲しい気持ちを起こさせる方法とは|鮮明なイメージを与え、脳内で疑似体験させる

相手に欲しい気持ちを起こさせる方法とは

「欲しい」という気持ちを相手に抱かせる方法は、非常にシンプルです。

 

つまり、商品を使っているところを相手に想像してもらい、
頭の中で疑似体験をしてもらいベネフィットを享受してもらうのです。

 

ですから、いかにして相手の中でイメージビデオを流し、
商品から得られるメリットに想いを巡らせてもらえるか、
が最大のポイントになるのです。

 

では、相手にイメージを持ってもらうためには、
どのようにして説得すれば良いのでしょうか??

 

 

・この上なく具体的に、説明する

文章や会話を通して、商品・サービスの良さを相手に伝えようと思うのであれば、
より具体的に、リアリティがあるように伝える必要があります。

 

描写が細かいほど、脳内で再生される映像も現実的になっていき、
あたかも自分が、その商品を疑似体験したかのようになります。

 

五感に関係する描写も、多ければ多いほど良いですね。

 

しかも相手自らが、聞いた話を元にして自分の脳内にイメージを築く事で、
相手の参加意識やコミットを引き出すことが出来るようになり、
イメージを比較的長期間残すことが出来るようになります。

 

 

 

・写真や動画を見せることで、そもそもイメージを与える

もし、販売したい商品について、写真や動画があるのであれば、
それを直接見せるのが一番シンプルで、インパクトがあります。

 

口頭説明や文章からの情報からのインプットよりも、
動画や写真からのインプットの方が瞬時に理解できるでしょうし、
それらの媒体には有無を言わさない力がありますよね。

 

百聞は一見にしかずです。

 

 

・口コミ等の社会的証明を利用して、ベネフィットを意識させる

文章や動画、写真等で脳内のイメージ構築を促すだけでなく、
その商品・サービスを使った人がどういうベネフィットを得たのか、
どういう気持ちになったのかというのを、口コミ等を紹介する事で伝えましょう。

 

口コミ主の感想に対して、見込み顧客も自分を重ねますので、
より具体的なイメージを持ってもらいやすくなりますし、
疑似体験効果がより強まります。

 

特に、口コミ主のプロフィールや境遇と見込み顧客自身のそれの間に
共通点が多いほど、共感を感じるようになりますので、
口コミは色々なパターンを用意するのが良いと思いますね。

 

 

 

このような手段を用いて、顧客の頭の中により鮮明なイメージを与え、
あたかもその商品を使ったかのように、
脳内で疑似体験してもらう事を目指しましょう。

 

 

<スポンサードリンク>


トップページ 必読参考書!! サイト主プロフィール お問い合わせ、ご質問はこちら