人間の損失回避性って何?損失に対するリスクは、メリットの2.5倍強く意識される

人間の損失回避性って何?

殆どの人には、「損失回避性」という性質が備わっており、
無意識のうちにその性質に従って行動を行ってしまいます。

 

損失回避性というのは、簡単に言えば、
「損をするという事に対して、必要以上に保守的になったり、
リスクを感じてしまう性質」の事を指しています。

 

 

例えば、50%の確率で1000円もらえ、
50%の確率で1000円損するというゲームがあったとします。

 

この時、あなたならばこのゲームに参加するでしょうか?

 

 

恐らく、半数以上の人が、
「参加しない」という方を選ぶのではないでしょうか?

 

数学的に考えれば、期待値は±0なので、
「参加しても参加しなくても、どちらでも良い」という結論になるのですが、
人間の場合にはそうはなりません。

 

これは、1000円損するかもしれないという恐怖が、
必要以上に意識されてしまう為であり、
この傾向は特に日本人に強く見られます。

 

 

ちなみに、損失に対する感度は、
利益を得る場合の2.5倍も敏感だと言われています。

 

つまり、50%の確率で2500円、50%の確率で-1000円という条件になって初めて、
「参加する派」と「参加しない派」の数が一緒になるという事です。

 

人間って、本当に保守的ですね。

 

 

という事は理論上、

 

「恐怖を用いたアプローチの方が、商品から得られる利益をプッシュするよりも、
2.5倍も他者をを行動させる力がある」

 

という事になるのです。

<スポンサードリンク>


トップページ 必読参考書!! サイト主プロフィール お問い合わせ、ご質問はこちら