返報性の罠|お返ししたくなる気持ちは、実は相手が意図的に引き起こしている

お返ししたくなる気持ちは、実は相手が意図的に引き起こしている

「返報性」というのは、何かいい事をしてもらったら、
それをしてくれた人にお返しやお礼がしたくなる、という傾向を指します。

 

例えば、ご飯をおごってくれた人に対しては、
今度は自分がおごってあげたいなと思うようになるでしょうし、
困っていたら助けてあげないとな、と思うはずです。

 

少なくとも、おごってもらう前よりも、
その人に対して好意を持つようになるのです。

 

これは、私たちの経験から考えても、納得できる話ですよね。

 

そして、「お返しをしてあげたい」という気持ちは、
自発的に、心の底から湧き上がってくるように感じています。

 

 

しかし実は、相手が意図的に「お返ししたい」という感情を
あなたの中に起こさせようとしている可能性があるのです。

 

 

・返報性のカギは、恩を売る方が握っている
ある宗教団体は、寄付を募るときにまず一番最初に、
花を相手にプレゼントするそうです。

 

例え相手が断ろうとしても頑として受け入れず、
「私たちの気持ちですから」と言ってプレゼントを押し付けてきます。

 

そして、相手が花を受け取った後で、
始めて寄付をするように依頼してくるそうです。

 

つまり、「恩の押し売り」な訳です。

 

でも、その効果は絶大だと言われています。

 

寄付してもらえる確率も、寄付してもらえる金額の期待値も、
花を渡さないパターンと比較して圧倒的に向上するのです。

 

 

このように、「お返しをしたい」という感情というのは、
実は相手によって無理矢理引き起こされた感情かも知れないのです。
あなたが、ただ自覚していないだけなのかもしれないのです。

 

 

恩を押し売るという事

恩を押し売り、相手から返報性を勝ち取るという行為は、
現実社会の営業現場でも頻繁に見られますよね。

 

セールスマンが、仕事とは全く関係がない話に付き合ってあげたり、
最初にティッシュ・カレンダー・サンプル品のプレゼントなどをくれたりする事は、
日常的に発生しています。

 

言うまでもなく、これらの行動は慈善のボランティア活動ではなく、
相手から返報性を引き出すための布石に過ぎません。

 

そして、ここで言う返報性というのは、当然、
商品やサービスの購入・契約という事になるのです。

 

 

ですので、もしあなたが商品を売る立場であれば、
相手に気づかれることなく恩を押しつけまくることが重要ですし、
あなたが商品を購入するような立場であれば、
相手の好意には下心があるのかを常に見極める必要があるのです。

<スポンサードリンク>


トップページ 必読参考書!! サイト主プロフィール お問い合わせ、ご質問はこちら